< 2017年10月 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2017年12月 >
ホーム  > スポンサー広告 > はい!吾郎さん(*´д`*)ノ (その4) > リアル > はい!吾郎さん(*´д`*)ノ (その4)

スポンサーサイト

--年--月--日(--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント×  トラックバック×

はい!吾郎さん(*´д`*)ノ (その4)

2006年09月22日(金) 14:44

~前回までのあらすじ~

暴走したレクイエムの影響で、

ほしのあきとボディチェンジしてしまったアヨニア

果たしてボスは誰とボディチェンジしてしまったのか!?










警「残業ですか?」

にっこり微笑む警備員

ア「いえ、もう帰るところです」

見た感じは初老の小柄なただの警備員

ア(今のはこの人の足音か?)

やや動転していたオレは、警戒心剥き出しだったろうな…

ア「いまその中から音が聞こえたんです」

給茶室の扉を指差す

警「何も音はしていないようですが?」

ア「・・・・」

ア(この警備員が来たから止ったのか?)

警「さ、もう閉館時刻過ぎてて出口締まってますので、出口の鍵開けますよ」

ア「念のため確認してから出ます」

警「何も音してないし大丈夫ですよ!」

ア「!・・・・」

何でだろう、にっこり微笑みながらそういう警備員の言葉に

素直に従いたくなっていたアヨニア

その場からにげたかったんだろうなw

ア(気味悪いし総務部に明日報告しとくか)




コツコツ

コツコツ

並んで廊下を歩くアヨニアと警備員

あらためて小柄なこの警備員を横目で見る

テンパっていたオレは、なぜかこの警備員の戦力分析を開始

心理的には、この警備員は人間なのか?まさか幽霊とかじゃないよな

もし幽霊だったらどうする?関節技決めようにも幽霊に間接あるのか?

そんな心境 かなりイッちゃってます


ア(でもなんだろうな…この違和感)

警備員にはちゃんと足もある

コツコツ

コツコツ

・・・・

・・・・・

・・・・・・

・・・・・・・!

ア(これか!これが違和感の正体か!)



ラバーソールだったんだ

この警備員の履いてる靴

ラバーソールの靴だったんだ

コツコツと床を鳴らす音が出るわけが無い

その靴では大理石の床を歩こうがこんな音は出るわけがないんだ



だったら今聞こえてるこの音は?

コツコツとアスファルトに刻むようなこの足音は?

確かめたらいけない

確かめたらいけない

でも振り返らずにはいられない

意を決し、振り向こうとした

ガッ

警「振り返らないで下さい」

とても小柄な初老の警備員とは思えない力でオレの肩を掴み

振り返ろうとするオレを止めた

ア「え・・・?」

警「下でお話します」

もうエレベーターホールは目の前だ

コツコツ

足音は追ってくる

コツコツ

コツコツ

まだ聞こえる

コツコツ




チーーーーン

到着するエレベーター

警「急ぎましょう」

エレベーターに入りオレは一安心してしまった

そしてエレベーターに乗ったら誰もが取る行為

ごく自然に意識せず、コーラを飲んだらゲップが出るくらい自然な行為

エレベーターに乗ったら扉のほうを振り返るよね?

そう!扉横にあるスイッチを押すために




実際に幽霊として認識したのは、前に書いた名古屋での出来事

でも実際に霊っているんだな…って実感したのはこの直後が最初だったかな






それは閉まりかける扉の間からチラっと見えた影

厳密には影じゃないけど、人間の形にそこの空間に何かいるんだって

それだけが感覚として理解できた瞬間




輪郭だけでも、直感で理解した

ジョジョ風に言うと「心で理解した」






女性だ








1階に下りたオレと警備員は警備室に行き、今起こったことを話した

ア「さっきのアレ見えましたか?」

警備員の話によると、

勤務していた会社のフロアには以前から噂があったらしい

0:00を過ぎたころ、足音や何かを揺らす音が聞こえ

でもどこを確認しても人影は見当たらない

ただ霊感が強い弱いに関係あるのかは知らないが

誰でも見えるわけじゃないと・・・

そのことで辞める警備員もいたそうだ


ア「警備員さんも何か聞こえる人なんですか?」

警備員は聞いたんじゃなく見たんだそうだ

ビルの構造を説明すするのは省くが、アヨニアからは死角になる位置で

ショートヘアの女性が、アヨニアの背中を指差しながら歩くの発見




ずーっと背中を指差しながら




途中オレが振り返るその瞬間、その女は壁に消えていったそうだ

そして女が壁に吸いこまれた直後、その壁横の扉に入るところを・・・

今まで音を聞いたことも、見たこともなかった噂の正体を見、

逃げ出そうかとも思ったらしいが、心配になって中に入ってきてくれたそうだ


ごめんなさい。なんか長くなってきました。

また次回( ゜д ゜)ノシ
スポンサーサイト

カテゴリ:リアル /  コメント(3トラックバック(0

2006/09/24(Sun)03:13

文才がありますね。どうかその文才を僕にくだsわおまなにするやめあwせdrftgyふじこlp;@

名前:ぶら (URL) 編集

2006/09/24(Sun)17:55

蛇鯖のなぎら建壱がいるブログはここですか?





ネタが遅いですね (´Д⊂

名前:カティス (URL) 編集

2006/09/27(Wed)17:26

>ぶらさん
褒められた!
調子にのるよ?
のっちゃうよ?時代の波にのっちゃうよ?

>カティスさん
また褒められた!
蛇鯖の谷原章介がいるブログはここです

名前: (URL) 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
装飾
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


プロフィール

あよにあ

Author:あよにあ

ひのちゃん

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

ランダム電光掲示板 ver.なめらか


▲このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。